読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

毒親育ちのもぐもぐ育児日記

80年生まれ、毒親育ち。ちょっぴりネガティブで時々無駄に強気な女が母になりました。

可哀想ババァはさっさと棺桶にダイブしてください

子供を産んで思うこと。

思っている以上に街中で声をかけられる。

 

多くは好意的な人たちで。たまにちょっと押しが強すぎる人がいるけど。

励ましてくれたり、素直に可愛がってくれたりする。

自分が赤ちゃんを産むと、子供嫌いだった私ですら、他の家の赤ちゃんがかわいく見えるし、新生児や小さい赤ちゃんを見ると自分の子供がそのようだったときを思い出して、ダブルで可愛く見える。

声をかけてくるのは、50代以降のおばさんがほとんどなので、自分の子供の赤ちゃん時代を投影して「かわいい、かわいい」言ってるんだと思う。

そして、今日。

我が息子、もうすぐ4ヶ月。

初めて可哀想ババァに遭遇した。

てか、可哀想ババァってワードを聞いたのがつい最近なんだけど。出た!!ってなりましたわ。

 

夜ご飯を外食してたんです。まぁ、4ヶ月の子を連れて外食って賛否両論ですよね。

知ってます、でもうちの場合はしてます。

街の中華屋さんに入って、ペアセットってのがある、お得じゃん、って頼んだら、前菜から順番に出てきちゃって、思いの外その店に滞在することになったのです。

最後の方に息子がちょっと落ち着きなくなって、「あー!」とか言い出したから。

「ごめんねー、飽きちゃったよね」って話しかけて、抱っこの仕方を変えたりしてたんです。あー!って言ってたのも15秒くらいでその後は動いてるだけだったんだけど。

 

「飽きるに決まってるじゃない、可哀想に」って。後ろの60代のおばさんグループから聞こえてきた。てか、ちょっと前に、そのおばさんグループの別の人がかわいい〜!とか言って、話しかけてきていたのに。

てか、聞こえちゃったっていうか、聞かそうと思って言ったくらいのボリュームだった。

 

外食の後ろめたさはあったから、最初は「わわ、どうしよう」って思ったんだけど。

つか、外食がダメにしろ、あいつに聞こえる声で嫌味言われる筋合いはないよね?ってイライラしてきて…

「なんでも可哀想っていうの、可哀想ババァって言うらしいよ」って旦那に話す感じでほどほどの音量で言ってやったわ。

 

てか、ギャン泣きしてるわけでも、てか、泣いてるわけでもないし。

時間がどうって話だったら、家にいたとしてもこの時間はまだご飯食べてて、寝かしつけ開始できてないわ。

私はそのばばぁに面と向かって「そんなみすぼらしい服着て、可哀想に」とか「ぶくぶく太って可哀想に」とか、てか、ばばぁ以外の人にも、知らない誰かに勝手に可哀想っていうことなんて、常識外れなのに。

母親に母親の先輩ずらして「可哀想」とかいうのは、なんでOKだと思っちゃうんだろう?年配者だから?尊敬されるなんか持ってんの?

 

てか、可哀想ばばぁの子供が可哀想なんだよね、きっと。

んで、自分の子供に可哀想なことをしてたんじゃないか、って心配は少しだけしてるんだけど。そこには目を向けたくないの。

んで、若い母親(私の年齢は若くないが)に(私の子供よりも)可哀想っていうことで、自分を保ってるんだよね。だから、自分はマシって。

 

自分の保身をするために、子育て奮闘中の母親の心をえぐってるんだよね。

今度言われたら「そういうこと言わないと自分を保ってられないんですね、可哀想」って言ってあげよ。

 

ちなみに、可哀想ばばぁ(可哀想婆)で検索すると44万件もヒットする。

可哀想婆、出没しすぎだろ。

 

てか、出産すると第三者が急にうるさいよね。なんなんだろう。

んで、自分のことだとあまり気にならないことが、育児で言われると気になるし。

大体女。独身の人よりも既婚の女の方がうるさいかな。同じお母さん同士で、あれはないとか、これはないとか。

そら、若い20代の子が子供産むのはもう少し自由を満喫してから、って思うわよ。

 

 

 

気を抜いたら速攻で妊娠するわよ、みたいな教えは程々にして欲しい

昨年末に無事に出産しましたが、我が家は妊活フルコースの末の妊娠出産でした。

まぁ、私も旦那もいい年齢ってのはあるんだけど…。

 

私が学校の保健体育で性行為について習ったときは、生理中だって妊娠する!妊娠を絶対しない期間は短い!性病もあるし、コンドーム必須!みたいな感じでした。

 

まだ結婚する前、ルナルナで生理日の管理をしていたけど、そのときは妊娠しては困るので、避妊モードみたいなのにしていた。避妊モードだと、この時期は妊娠しちゃうよ!この時期は大丈夫だよ!ってのを表示してくれるんだけど、「妊娠しちゃうかもよ!」って期間が多いのが印象的だった。

 

だから、避妊しなければ、速攻で子供ができるんだと思っていた。

世の中の結婚しているけど、なかなか子供ができない人は、望んでいないかセックスレスか…くらいに思っていた。

 

最近の学校の保健体育はだいぶ変わってきているのかな?うちらの時代は20代で結婚して子供を産むことを前提に教科書がつくらてれていた気がする。んで、結婚前に子供ができちゃうなんてダメだから、避妊はしっかり!!みたいな。

 

ルナルナにしてみれば、このときは妊娠しないわよ〜なんて表示して、スーパー精子の持ち主と性交した女子に「妊娠したじゃないか!こらぁ!!」って殴り込まれても困るので、限りなくゼロに近くない限りは「するかもよ?」って表示するよね。

 

又聞き的な感じだけど、ビッグダディって一回の性交あたりの精子量が3億超えらしいね。健康的な男子の精子量は1億5000万くらいらしいですわ。

うちの旦那は調子がいいと5000万、妊活中に測定した中で一番調子が悪かったときが400万とかそれくらいだったわ。

 

3億超え対400万…すごい差。精子の量と性欲が比例しないかもしれないけど、ちょっとだけビッグダディきもいな、って思っちゃったもん。

 

ビッグダディは量も多いけど、元気さもありそうだから、子宮の中での精子の活動日数も長そう(勝手な想像)。生理中に性交して妊娠するとかは、そういう男性としたときだと思う。

 

そうじゃない場合は、排卵日前3日から排卵後2日くらいしかチャンスないのよね。

5日間。コアタイム(?)は3日くらいかなぁ…

 

今年に入って排卵検査薬のCMをやり始めて、妊活がどんどんメジャーになっていくなーって思ったけど。

 

コアタイム3日に加えて、女性の排卵日が想像しているときにきているかどうか…ってのも加わるので…

 

少なくとも月の半分くらいは妊娠する可能性があるのかなー?っておぼろげに思っていた自分にとっては、チャンスがある日少なっ!!!!って思ったのです。

 

まぁ、結婚していたら、愛し合っているわけなんだし、毎日でもすれば、排卵日とか妊娠可能日とかそんなの関係ない!ってなるんだろうけど…

実際難しいよね〜。

 

10代か20代か30代か(40代か)によっても違うけど。思うほど簡単に妊娠しないかもよ?ってのが、もっと知られていくといいな、と思ったのでした。

 

特に男性側。

妊活中、色んなブログを読んでいたが、排卵日付近に旦那が積極的じゃないとか、呑気に構えているとか、重要度をわかってないとかで悩んでいる人が多いなーって感じたのと。

 

妙齢の女子と長く付き合っていて(30代前半くらいかな)、いづれは結婚して子供作ると思うって言っているのに、いつまでたってもプロポーズしない男性とか…

その相手と子供を作りたいと思っているなら、今ウダウダしている期間がどれだけ貴重な時間か理解してるのか!!って。

 

妊活してから、相手がほぼほぼ定まり、子も望んでいるのに、なかなかプロポーズしない(結婚しない)男性に対して勝手にモヤモヤする気持ちが出てきてしまいました。

余計なお世話なんだろうけど。多分いま、想像してるよりも貴重な時間だよー!!

 

 

久々の更新:母になりました!

めっちゃ久しぶりの更新です。

その間にも、主に癌関連の記事の方にたくさんの方が訪問していただいていたようで、嬉しい限りです。

 

今までいくつか毒親関連の記事を投稿していたんですが、そんな私が母になりましたよ、ってことで、毒親的なことも、関係ない普通の育児的なことも色々書いていきたいなーと思っています。

 

あと、今回、不妊治療を経て授かったので、その辺りのことについても振り返って書いていければいいな、と思います。

 

去年の春先に妊娠が判明して、昨年末に男の子を出産しました。

不妊治療が長かったってのもあって、妊娠中も実感がわかないまま…「本当に出産まで至れるんだろうか?」って思いながら、痛いことが何より苦手なのに、深く考えずに自然分娩を選択して、「本当に自分から人間が生まれてくるんだろうか?」って思っているうちに、微弱ながらも陣痛が始まって…

 

無痛分娩を選択しなかったことをひどく後悔をしながら、無事に元気な男の子を産むことができました。

 

産んでからもしばらくは実感がわかなくて、義務感で息子に接している部分が大きかったんだけど、最近はかなり母性が出てきたのか、可愛くって仕方なくて、スマホの写真フォルダがほとんど息子になってしまった。

 

特に母乳を飲んでいる時に「かわいいなー、このやろう!」って思うことが多くて、写真も結構撮っているんだけど、一番大事な部分は隠れているとはいえ、自分のおっぱいの写真をめっちゃ撮っていることにもなるので、ちょっと不思議な気分よね。

 

そんなこんなで思うことをダラダラ書いていきたいと思います。

引き続きよろしくお願いします!

 

毒親育ち:人の失敗を茶化す、人の将来にネガティブな発言をする家庭で育つということ

毒親について色々考え始めて気がついたこと。

私の家庭は批判(ネガティブ)が基本の家だった

私の家庭は批判が基本の家でした。母親自体がめちゃくちゃネガティブだったってのも影響していると思います。

私が想像する幸せな家庭では、女の子はどんな顔でも「あなたは可愛いわね」って育つってイメージなのですが、我が家では真逆で「不細工すぎて本当にかわいそうね」と言われながら育ちました。

なので私は中学生くらいまでは自分はとてつもない不細工なんだって思いながら生活をしていました。

「不細工すぎて死にたい」って言ってる、可愛い人がネット上で話題になることがあるけど、もしかしたら彼女も親から「不細工」って言われて育って、自分の容姿に自信が持てずい続けているだけかもしれない、なんて思ったり。

受験生が家にいる家庭は「落ちる」「滑る」は禁句だ、なんて言うけど。我が家はそんなことは全くなく、私の第一志望(E判定)を聞いた母親は「あんたなんか絶対受かるわけない!」と断言しました。

弟は私が勉強している時に、部屋のドアを開け「滑った〜!!」「落ちた〜!!」と言って、去って行きました。

我が家にとっては、それが日常なのでそこのことについて何も思いませんでした。そんなんでも何とか合格したけど…。合格しても誰も褒めてはくれず、寧ろお前を合格にした大学は頭おかしいね、くらいの勢いだった…。

「受験生に落ちたって言わない家庭なんて存在するんだろうか…」くらいに考えていました。

幼少期にした失敗、奇行も何度も話題に出され、ネタにされます。

人の失敗を面白可笑しく茶化すこと、人がチャレンジしようとしていることの失敗を示唆することが普通の家庭で育ったのです。

悪気なく他人に対してネガティブな発言をしてしまう

家の中がネガティブ、家の中だけだったら問題ないのかもしれない。

ただ、そういう環境で育つとネガティブであることが普通になってしまって、社会に出てから違和感を感じるようになる。

周りの人は大人なのか、心が広いのか、私の言動について注意をしてくる人はあまりいなかった。なので、自分の発言がまずかったんじゃないかな?って気がついたのは、最近になってからだとおもう。

ネガティブな家庭で育つと社会で関わる人に対しても、同じように接してしまう。

失敗についてわざわざツッコミを入れたり、誰かの言動をこきおろしたり。

私の発言に対して、わかりやすく顔を歪める人はいた。そこで気がつけば良かったんだけど、当時の私は「なんだ、この人プライド高いなぁ…」って思ってた。

あんまり想像がつかないけど、暖かい家庭って世間はなんと言おうとも、家族は最後の砦で何があろうとも本人を肯定し、包み込んでくれる場所なんじゃないかな?って思う。

そういう家庭で育った人は、周りの人にも同じように接する。暖かい対応が連鎖して、同じような人が周りに集まるんじゃないかな?って思う。

そんな中で私にネガティブな発言をされたら顔を歪めるのは当然のことだろう。プライドが高いとか、そういう問題じゃない。

仲がいい人は毒親気味の人が多い気がする

私と仲がいい人と毒親の話題で盛り上がることが多々ある。どこの家庭も何かしら問題を抱えてるんだなぁ…なんて思っていたけど。

私のネガティブ発言に淘汰されなかった人が残っているのかな?って、最近思う。

自分では自覚しないネガティブオーラってのが出ているような気がする…。

気のせいかな?そもそも非難されまくって育っているので、自己肯定感がめちゃくちゃ弱いなぁ…って最近になって気がついたので…。自分や周りを客観的に見るというのは、とても苦手です。

ネガティブ発言は卒業しなくては…って思っているんだけど、ネガティブじゃない事実を言っただけだって思っていた発言が、後から考えるとめちゃくちゃネガティブだったりして…。そもそもの基準がわからなくなりつつある。

毒親家庭は思っている以上に多い

私が自分が毒親育ちって気がつくまでに時間がかかったのは、周りの人も似たり寄ったりな家庭であったってのも多いかもしれないけど、毒親要素がほとんどない家庭ってのは、かなり少ないんじゃないかな?って思っている。

これは、私の希望なのかもしれないけど。

半分かそれ以上か。ネットも発達してない、育児本も発達してない。今以上に学歴社会で、家庭のランク付けも激しく、地域社会の束縛も激しかった時代に、我が子をどうにか、社会の中で優位に立たすんだって思ったら、毒親気味になる人は多かったと思う。

その一方で自分が育ってきた環境と今の恵まれた環境を見比べて、嫉妬心なんかも生まれてきて、立派な子供になってほしいって思いと、自分はもっと恵まれない環境だったのに!って気持ちが交錯して、矛盾だらけの発言になっちゃうんだろうな…と。

毒親育ちが多いと、毒親発言を周りに対してしていても、そのことに気がつかないことが多々ある。生きづらさも感じずに普通に過ごすことも可能だと思う。

だけど、何かの瞬間に「これを辞めると、もう少しうまく物事が回り出すんじゃないか」って思って。それに気がついたのなら、前に進むしかないんだけど。

なかなか難しいなぁ…って、モヤモヤしている自分がいます。

以上、酔っ払いの戯言でした。

お酒の量は減らそう…って思いつつ。

旦那が寝た後に、1人で赤ワインを飲みながら(少しだけ健康を考慮している)、ああでもない、こうでもないと考えている時間が非常に楽しいのです。ふふふ。

電車で化粧をすることを不快に感じるのは何故なのか?

最近は暗い記事が多かったので、今回は当たり障りない話題を。

koenjilala.hatenablog.com

この記事を読んで、電車で化粧OK派の人の言うことにうなづく部分もありました。しかし、私は電車で化粧する人は嫌いです。自分の友達が隣で始めたら、距離を置きたいなって思っちゃいます。

他にも化粧NG派の人はいると思います。

NG側が電車で化粧を嫌がる理由とは何か…を考えてみました。

実際に害がある説

化粧をしている人は、周りに迷惑をかけていないと言っているけど、実際は被害を被っていると思う。粉な物の化粧品をブラシでつければ、目には見えないけど周りには大量の粉が飛び散っています。息をしていれば、知らずに吸い込んでいる。

きちんと化粧品の管理をしていない人だったら、その粉が腐っている可能性だってある。

リキッドファンデや下地の蓋を開けるとき、中身が飛び散ることは結構多いです。

実際にリキッドファンデが飛んできて、服にシミがついた。相手は謝りもせずに去っていった。という話を聞いたこともあります。

化粧をしている人は大抵激しく動いているので、隣の人に肘をぶつけまくっていることも多いです。普通に不快です。

恥じらいの基準をどこに持つかで不快に思うか否かが分かれる説

電車の目の前の席に短いスカートで脚を開いて座っている人がいて、パンツが丸見えだったら、不快だなって感じる女性は多いと思う。

自分が女性として恥じらいをもっている部分を他の女性が恥じらいもなく晒していると不快感を感じるのかな?

誰にでも簡単に胸を触らせる女性がいたとして、本人がそれで良ければいいとう説もあるかもしれないけど、そういう人が複数出現すると男性は「女性の胸は簡単に触ってもいいものだ」って思い始めるかもしれない。しまいには、胸を触らせない自分が悪者扱いされるかもしれない。

女性の恥じらいのボーダーラインが下がるといずれ自分もそこに合わせないといけなくなるかもしれない。それはいやだ!そういう行為をしている人がいやだ!って思うのでは?

化粧をしている姿や自分のスッピンを公の場でオープンにすることを恥じらうべきだと考えているかどうかによって意見が変わるじゃないかな?

化粧NGと言っている人は、公の場でスッピンを見せるなんて女性としてありえない!と思っているタイプだと思う。

ちなみに普段からスッピンの人と化粧をする前のスッピンのスッピンの受け取り方も全然違うなー、と思う。これもおかしな話だけど。普段化粧をしている人のスッピンってなんか特別よね。

 

お前なんてジャガイモだ!って言われている気分

電車で化粧をする人は、電車を降りた後に会う人には自分のスッピンを見せたくないから、頑張って化粧をしているんだよね?だいたい電車で化粧をしている人って、ササッとファンデと眉毛だけ…とかじゃなくて、何種類の粉をのせるんだろうか…そこまでやりますか…って人が多いから、化粧をしている自分とスッピンの自分を明確に分けていて、化粧後の自分へのこだわりが強い人が多いと思う。

電車の中で化粧をしつつも「大切な人にはスッピンを見せたくない」わけで、ということは電車の中の人たちはどうでもいいってことなんだよね。

まぁ、誰しも電車の中の人は実際に繋がりのある人に比べると優先順位が低いんだけど。

あまりにも優先順位を低くされると、ちょっと不快だよね。

心の中で優先順位を低くしている人はたくさんいると思うけど、それを表に出すか出さないかも大きな違いだと思います。

大きな声で話したり、聞く人によっては不快に感じる話をするのと大差がないと思う。

電車に乗ったらミッキーマウスが座っていた。頭は重いので外して膝の上に置いていた。「ここディズニーランドじゃないしね、君たちチケット代払ってないでしょ?」って言われたら、「ヤダ!ミッキー!私たちのこともちゃんと意識して!」って思うわけで。

それと同じような気がする。

 

以上が私が思う、電車の中での化粧を快く思わない理由かな。

最近は電車に乗ることが少ないのか、路線の問題か、時間の問題か、あまり見かけないけど…。

 

人の肩書きで自分を高めようとする人 考察

大分前に人の肩書きで自分を高めようとする人が大嫌い!!って記事を書いて「考察を後ほど書くよ」と言ったまま、数ヶ月が経過してしまった。

 

bittermilk.hatenablog.com

 

何度か続きを書こうかな?って思ったんだけど、思うたびに考えが全然まとまらなくて、何を書いたらいいのやら…と時が過ぎていました。

誰かに私を紹介するときに、何よりもまず肩書きについて触れる人時にそれが事実とは違う誇大表現になっている人…なんでそんなに腹が立って、嫌悪感を感じるのかなぁ?って思ったんだけど。

自分の肩書きに触れられても、嫌悪感を感じない人もいるわけです。その違いって何だろう…って思って。

嫌悪感を感じる人って、私の肩書き以外にほとんど興味がない人だなって。お話をするとかなりの確率で永遠と相手の話を聞くことになる。

私は相手の好きな食べ物だったり、最近起こった出来事だったり、どんな恋愛をしているかだったり、色んな情報を知っているけど、相手は私のことをあまり知らない。

私のことに興味がないなら、近づかなければ良いのに。「私はね、私はね」って言いながら近づいてきて、第三者に私のことを話したがる。

「この人はとても面白い人です」「この人は○○について凄く詳しい人です」「優しいです」「マメです」そういう紹介じゃなくて「○○大学を卒業して▼▼で働いています」って紹介する。

同じ大学を卒業している人なんて世の中に五万といるし、同じ会社か同じような会社で働いている人も沢山いる。

だったら私じゃなくてもいいよね?同じような経歴のほかの人とお友達になりなよ。貴方の気持ちを満たすために、私の時間や気持ちを使わないでってなる。凄くイライラするのです。

私の場合は母親が私の内面よりも外側の情報を重視する人だった。点数とか順位とか。内側をもっと見て欲しいってずっと思っていたけど、叶えられることはなかった。

多分他の人に比べて、内面を見て欲しい、内側から繋がりたいって欲求が凄く高いんだと思う。だから、外側のことだけを重視されると以上に腹が立つんだろうね。

人の外側を重視する人ってなんでそうなんだろう?って思うけど。多分、その人自体も誰かから肩書きでジャッジされて来た人なんだろうなって思う。さらに、そのジャッジで嫌な思いをしてきた人。相手の求めるレベルを提示できなかった人。

自分が手にできなかったステータスの人間の近くにいることで、肩書きはないけど自分もそれ相応の人ですよ、ってアピールしたい。

私には「貴方よりも私のほうが凄い」ってアピールを沢山する。マウンティングなのかな?上に立つことで、自分は更に凄いって思いたいんだろうね。

動機は慢心ではなく、無自覚な恐れや不安から来ていて本人には悪気もなにもないのは分かっているんだけど。嫌なものは嫌なのです。

 

人の肩書きで自分の価値を高めようとする人

人の肩書きで自分の価値を高めようとする人に、最近以上に腹が立つ。

さらに言えば、私の肩書きを自分のステータスとして利用する人に腹が立つっていうか、すごい冷めた目で見てしまう。

高校時代に仲が良かった子の場合

高校時代に中が良かった子は推薦入試で中堅大学に入学した。私は一般受験で誰もが落ちると思っていた難関私立に入学した。(最後に受けた高3の11月の入試ではE判定だった)

彼女は私を友達に紹介するときに「●●大学のニウちゃんです」って紹介したし、就職活動で友達になった難関私立大の男の子には「●●大のニウちゃんって友達がいて」と私のことを話しているようだった。

彼女は私の友達を紹介してもらいたがった。私の男友達と付き合いながら、私の男友達と浮気していた。結婚直前は疎遠になっていたんだけど、迷った挙句に披露宴と二次会に誘ってみたら、どちらも断り特に何もお祝いもしてもらってないのに「旦那の友達も含めて飲み会したい」と言ってきたので、一生会わないことにした。

人の肩書きをさらに盛って自分のステータスにする人

私は株式会社●●△△ってところに勤めていたんだけど、△△ってのは「おおお!!」っていう大手企業が入るわけですね。そこに●●がくっついているのです。

●●△△に入社するのと△△に入社するのは難易度が全然違います。

んで。「私には△△の友達がいるよ」って私の知らない人や合コン予定の人に言いまくる女友達が数名いて。私は一度も△△だ!なんて言ったことがないのに、むしろ社名を伝えると△△に過剰反応する人が多いので「いやいや、うちの会社はですね…」って、同じように考えないでくださいって説明するくらい…。その人の会社名を勝手に伝えた挙句に盛られてるって…。

もう理解不能…。

 

母親は子どもの肩書きが自分の肩書きだった

最近、母親との関係性ってどうだったかな?って考えることが多いんだけど、小中高とつかず離れずの関係だったような気がするんだよね。そもそも母親に関する記憶があまりない。大学に入学してからはちょっと仲良くなって…といっても、服を買って貰ったり、何かをもらうことがとても多くなった。

この間実家に行ったら中学校の会報?みたいなのが本棚にささっているのを発見して「なんでこんなものとってるのかな?」って見てみたら、私が中学の生徒会をしている時の「今年の生徒会の皆さんはこの人たちです」って会報だった。

自分の子どもが生徒会ってのが嬉しかったんだろうけど。私的にはへたくそな落書きの一枚でも大事に取ってくれていたほうが嬉しい。

母親とケンカしたときに、どういう流れだったか忘れたけど「●●大学卒業した割に、パッとしない社会人生活よね!!お母さんはもっと華々しい社会人になると思っていたわ、あー残念!!」って捨て台詞的に言われたけど。「いや、あなたそれ、関係ないでしょう。逆に素晴らしい教科書のような母親も世界に五万といますよ」って思った。(言わなかったけど)

 

人の肩書きで自分の価値を高めようとする人を見るとウッとくる

なんかね、母親に対するその部分での嫌悪感が凄いんですよ。私には過剰に努力や成果を求める割に「アナタは何ですか?何できるんですか?」ってのがあって。

自分の周りの人の肩書きがどうって前に、自分自身がどうあるかって考えられないんだろうか…って。

 

なんか、うわー!!あまりかかわりたくない~。っていうか、ドン引きなんですよね。

虫唾が走るの。すんごい冷めた目で見ちゃうの。

 

今日は旦那さんの親戚関係の人とたくさん会って。初めて会う親戚の人もいたんだけど。私がその人に挨拶しに行くと義母もついてきて「●●大学を卒業して△△で働いていたんです」(しつこいようですが、私が働いていたのは●●△△です)って言って回って。ドン引きしちゃって。義父さんの経歴を強調するときも多いし。

お義母さんは優しいし、「子どもまだなの?」とか言わないし(もう4年も経つのに一度も言ったことがない)、干渉してくることもないし、引くぐらい人の話を聞かないってこと以外は非常にいい人で(自分にしか興味ないとも言う)、世に言う嫁姑問題も今のところない。(都内にいるってこともあって泊まりで会うこともないので、延べ30時間くらいしか会ってないかもしれないけど)

まぁいい姑さんなんだろうけど。人の肩書きで自分を飾り立てる的な部分が自分の母親の嫌な部分や今まで会った嫌いなタイプの女性と重なってしまって、すごく冷めた目線で見てしまう自分がいる。

姑さんをそういう視線で見ちゃうのはイヤだなーって思うんだけど、見てしまって自己嫌悪に陥る。

うん、特に落ちはないんです。大した落ち度もない姑を冷めた目線で見てしまう自分がイヤだなーってことです。なんかモヤモヤするんだよね。そして、そのモヤモヤがなかなか解けない感じ。いやだ。

 

なんか書いて読み返したら「ここがいやなのか」って思う部分が分かったかも。

続きは次の投稿で書きます!(ちょっと最近バタバタだから間が開くかもしれないけど)