読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

毒親育ちのもぐもぐ育児日記

80年生まれ、毒親育ち。ちょっぴりネガティブで時々無駄に強気な女が母になりました。

電車で化粧をすることを不快に感じるのは何故なのか?

思ったこと

最近は暗い記事が多かったので、今回は当たり障りない話題を。

koenjilala.hatenablog.com

この記事を読んで、電車で化粧OK派の人の言うことにうなづく部分もありました。しかし、私は電車で化粧する人は嫌いです。自分の友達が隣で始めたら、距離を置きたいなって思っちゃいます。

他にも化粧NG派の人はいると思います。

NG側が電車で化粧を嫌がる理由とは何か…を考えてみました。

実際に害がある説

化粧をしている人は、周りに迷惑をかけていないと言っているけど、実際は被害を被っていると思う。粉な物の化粧品をブラシでつければ、目には見えないけど周りには大量の粉が飛び散っています。息をしていれば、知らずに吸い込んでいる。

きちんと化粧品の管理をしていない人だったら、その粉が腐っている可能性だってある。

リキッドファンデや下地の蓋を開けるとき、中身が飛び散ることは結構多いです。

実際にリキッドファンデが飛んできて、服にシミがついた。相手は謝りもせずに去っていった。という話を聞いたこともあります。

化粧をしている人は大抵激しく動いているので、隣の人に肘をぶつけまくっていることも多いです。普通に不快です。

恥じらいの基準をどこに持つかで不快に思うか否かが分かれる説

電車の目の前の席に短いスカートで脚を開いて座っている人がいて、パンツが丸見えだったら、不快だなって感じる女性は多いと思う。

自分が女性として恥じらいをもっている部分を他の女性が恥じらいもなく晒していると不快感を感じるのかな?

誰にでも簡単に胸を触らせる女性がいたとして、本人がそれで良ければいいとう説もあるかもしれないけど、そういう人が複数出現すると男性は「女性の胸は簡単に触ってもいいものだ」って思い始めるかもしれない。しまいには、胸を触らせない自分が悪者扱いされるかもしれない。

女性の恥じらいのボーダーラインが下がるといずれ自分もそこに合わせないといけなくなるかもしれない。それはいやだ!そういう行為をしている人がいやだ!って思うのでは?

化粧をしている姿や自分のスッピンを公の場でオープンにすることを恥じらうべきだと考えているかどうかによって意見が変わるじゃないかな?

化粧NGと言っている人は、公の場でスッピンを見せるなんて女性としてありえない!と思っているタイプだと思う。

ちなみに普段からスッピンの人と化粧をする前のスッピンのスッピンの受け取り方も全然違うなー、と思う。これもおかしな話だけど。普段化粧をしている人のスッピンってなんか特別よね。

 

お前なんてジャガイモだ!って言われている気分

電車で化粧をする人は、電車を降りた後に会う人には自分のスッピンを見せたくないから、頑張って化粧をしているんだよね?だいたい電車で化粧をしている人って、ササッとファンデと眉毛だけ…とかじゃなくて、何種類の粉をのせるんだろうか…そこまでやりますか…って人が多いから、化粧をしている自分とスッピンの自分を明確に分けていて、化粧後の自分へのこだわりが強い人が多いと思う。

電車の中で化粧をしつつも「大切な人にはスッピンを見せたくない」わけで、ということは電車の中の人たちはどうでもいいってことなんだよね。

まぁ、誰しも電車の中の人は実際に繋がりのある人に比べると優先順位が低いんだけど。

あまりにも優先順位を低くされると、ちょっと不快だよね。

心の中で優先順位を低くしている人はたくさんいると思うけど、それを表に出すか出さないかも大きな違いだと思います。

大きな声で話したり、聞く人によっては不快に感じる話をするのと大差がないと思う。

電車に乗ったらミッキーマウスが座っていた。頭は重いので外して膝の上に置いていた。「ここディズニーランドじゃないしね、君たちチケット代払ってないでしょ?」って言われたら、「ヤダ!ミッキー!私たちのこともちゃんと意識して!」って思うわけで。

それと同じような気がする。

 

以上が私が思う、電車の中での化粧を快く思わない理由かな。

最近は電車に乗ることが少ないのか、路線の問題か、時間の問題か、あまり見かけないけど…。